RSS

iOS6の地図はどこから3Dなのか?【東武東上線編】

08 10月

色々と物議を醸しだしているiOS6より導入されたApple地図ですが、
ここ数日日本の地図でも3D化が対応されているみたいです。

先進的なユーザーさんからは早くも東京タワーの形状がエライ事になってる、なんていう報告も上がっておりますが、
このブログではもっとミニマムなどうでもいいことを調べてみました。

それは『3D対応の分かれ目』
ウチから都会に向けてどこから3D対応なのか?という事を地図をグリグリ見ていきたいと思います。

まずはこの3D表示の使い方、
これは簡単、画面左下の「3D」ボタンを押すか、
二本指で画面を下から上にクイッとやると3Dになります。

こちらは池袋の駅周辺。

見事に3Dっております。

今回はココをゴールに、東武東上線沿線にあります我が家から線路伝いに池袋へ向かって、
どこらへんから3D対応になっているかを確認します。

まずはスタート地点、鶴瀬。

ひょっとしたらココからもう3Dに対応してないかと淡い期待をいだいておりましたが、無念。
画面を拡大してもグリグリ回してもそこには斜めになった平面図しか見られません。

というわけで線路沿いに池袋に向けて移動します。

お次は川越に行き着くまでの微かに大きめの駅、志木。
マルイがあるので都会と思いきやマジでそれしかありません。
それ以外はむしろ他に劣るレベルの謎の駅。

ここではまだアウト。Appleさんはここがまだ都会ではないと見抜いております。

続いて和光市。東武東上線から有楽町線、副都心線に乗り入れる際の分岐駅であり、
乗降客も相当数を誇る駅…です…がぁ…
ここもまだ。

そしてお次は成増に向かうぞと画面をフリックしまくっていると…

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

ここで3D!ここから3D!!
というわけで2012年10月8日現在、Apple地図の3D対応 in 東武東上線では和光市-成増間が分かれ目となりました!

ちなみにスタート地点の鶴瀬をAndroid端末のGoogle Mapsで見てみると

完全に3D対応!コンビニ、ファストフードもアイコン表示!わっかりやす〜い。
頑張れ!Apple地図!まだまだだぞキミ。

みなさんもご自分のお住まいの地域から職場やよく行く都心に向けてどこから3Dになるのかレッツ調査!

広告
 
コメントする

投稿者: : 2012/10/08 投稿先 Android, iPhone

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。